古都からあなたへ便りをお送りします。


by geishagirl-kyoto

英語検定 模擬テストを受けてきました(関大にて) 3

いやいや~
良く言われたもんです。
ちゃんと時間内に行けるようにしなくちゃ!

その通りだと思う。

これは模擬試験で本番ではなかったので、まだ
安心だけど、
本番だったら身分証を見せたりしなくてはいけないので、集合時間には必ず
教室に座っておかねばならない・・・。








無事阪急千里線関大前に到着  12:55

「帰りのチケットを買っておいてや~!」という駅員さんのアドバイスにより、200円(料金は180円)を右手に持って列に並んだ。
・・・・が、目の前のおばさんが一生懸命自動券売機の前で「回数券」を買うために
四苦八苦。2分くらい?経過した感じ。

私が焦ってるのを見た警備員さんも苦笑。

終わった後、彼女が「ゴメンね」と言ってくれただけでもましか。
私の後ろには数十人が並んでいる。

握りしめていた200円は汗でどろどろ(==)
ともかく硬貨投入。
・・だが、ここでも問題。
阪急をほとんど使っていないため、目の前に表示される大量の電車会社名(きっと乗り換え用)にどう対応すればいいか分からず、思わず警備員さんに尋ねる。

「どうやって切符買うんですか・・・?」(笑


すったもんだをしながら
帰りのチケットも購入完了。 13:05

早歩きで関大まで向かう。
大勢の人の流れに乗って、大学時代にも味わうことのなかった
学生街の雰囲気をかみしめ・・・る(余裕はない)。

ちなみに帰り正面玄関をでてすぐ左側にカラオケ屋さんがあって窓に
「10分 10円」と宣伝があった。2曲くらいはいけるわけですね(笑)



関大の正面玄関の前で大きな垂れ幕。
右側にフィギア・スケートで活躍してる織田君がこの大学で文学部1年だってことを知る。
「へぇ」

ともかく心を落ち着けつつ、会場の学舎(校舎と言ってしまうと小学校)に向かう。

多くの人がいるのに、入り口にある(受験番号によって教室の位置を書いた)小さな紙が一枚だけ細い柱に張られていました!!!(怒)←狭い入り口に人が群れることくらい分かるでしょうが!!!

一階のE-101号室と言うことが分かり、すぐ目の前にあったので、
教室にはいると・・・既に大勢の人が集まっておりました。

着た人順番で席が決まるようで、私は入り口に近い方に座りました。

遅れてやってくる人は大勢居て全員が座ったのは結局13:20。(苦笑)


年代は大学生か高校生くらいの子がほとんど。

10歳若いって感じ(笑)


圧倒的に女性が多いかな~。

英語って今じゃ殆どの人が勉強してるもんね。


試験開始は13:30。 

試験開始5分前に
問題用紙と解答用紙が配られた。前の教壇に立ったお兄さんが
試験の概要とどこに解答を書き込むかを口頭で説明。

毎回ある「リスニング」がなく、「筆記」のみ。

問題も全て穴埋め。単語を入れたり、熟語を入れたり。
100問+20問(セクションが分かれていた)

解答時間は90分。15:00終了

そういえば、この結果はどうやって知らされるんだろうか。

誰1人質問してなかったけど、今更(汗)気がついた(爆)

英語検定 模擬テストを受けてきました(関大にて) 4
[PR]
by geishagirl-kyoto | 2005-12-14 11:39 | 関大で模擬受けました?!