古都からあなたへ便りをお送りします。


by geishagirl-kyoto

大安と仏滅の言われ

結婚する友人が大安と仏滅を気にするという。
そもそも大安と仏滅って何?

長年の謎が新聞の記事で載っていたので、解決した。



以下朝日新聞からの抜粋。

岡田良朗先生の言葉(以下岡田)「六曜といって日々の吉凶を示す、いわば暦の『注』です」

(中略)

>仏教に関係あるんですか?

岡田「全く関係ありません。根拠のない俗信です

>じゃあ六曜ってなんですか?

岡田「一日の内で縁起のいい時間帯や悪い時間帯を決める中国の
「時刻占い」だったんです
。14世紀頃日本に伝わり、江戸時代に今の形へ。(中略)
ただ、明治6年の暦から太陽暦を用いるのに吉凶を「でたらめ」として禁止。庶民の間で
秘密出版された六曜入りの暦が広まったのでしょう」
>ありがとうございました


以下は友引について・・・新谷尚紀先生に話を聞く。(以下新谷)
>葬式の日程に嫌がられる「友引」は?
新谷「友引は『共引』で勝負なしの引き分け問い言う意味。葬式とは全く関係ありません。
「友引」は陰陽道で「共に災いをもたらす方向とされる『友曳方』と混同されて、広まった可能性がある。もう一つ古来の言い伝えで「死者は寂しがって生者を引っ張る」と言う考えから今の「友引」と合ったんだと思います」





なるへそ。(^_^;)



ちなみに、26日は大安で友人の結婚式。
参列だけでもしようと思ったけど(招待券はない)嵐のような雨の降った天気なので、
風邪をひきそうなのでやめておいた。済まぬ。m(__)m

大安だからって天気まで平和ではないからなぁ。(T-T)
[PR]
by geishagirl-kyoto | 2006-02-26 23:09 | 新発見! Discovery