古都からあなたへ便りをお送りします。


by geishagirl-kyoto

裸で給仕?>英国にて



c0001269_1549287.jpg


ちょっと~!こんなんに給仕してもらいたい~!♪


執事といえば控えめで礼儀正しいもの、というイメージはもう古い?

半裸のウェイターを派遣する会社「バトラーズ・イン・ザ・バフ(筋肉隆々の執事たち)」は、英国で成功を収めた後、この究極の「メール(男性)・オーダー」サービスで世界進出を狙っている。



ウェイターが身につけるのは蝶ネクタイ、シャツの襟、カフス、そして尻を露出するエプロンだけ。湾岸戦争とボスニア紛争に従軍した後、起業家に転身した元英国海兵隊員のジェイソン・ディドコット氏が考案した。

ストリッパーやポールダンサーの趣味の良い代わりとなる存在として、ディドコット氏は厳格なルールを定めた。各ウェイターは採用前に警察の綿密なチェックを受ける。また、酔っぱらったお客がウェイターに手を触れるのは厳禁だ。

「私たちが求めているのは執事姿のジェームズ・ボンドです。私たちは彼らに生意気かつ清潔であってほしいのです」と、彼はロイターに語った。

「パーティーの終わりに執事といっしょに写真撮影をすることができますが、そこまでです。もしお客様がワインを飲み過ぎてエプロンを外そうとしたら、ウェイターはおさわり禁止だと断るでしょう」

「私たちは感じが良くチャーミングで紳士的なタイプを求めています。面接の際にチェックするのは上半身のみです。お尻に関しては、信用で」

従業員たちは、初日には緊張したが、それもすぐに克服したと語る。
執事のひとり、ダン・アトキンスさんは、 「私はこの仕事が大好きです。お金を稼ぐのにこれ以上良い方法は思いつきません。はじめは緊張しましたが、飲み物を出したり接客しているうちに、お尻が丸出しになっていることはすぐに忘れてしまいますよ」と言う。

ディドコット氏と共同経営のウィル・ジョーンズおよびステイシー・リンは、75人のパートタイム執事を抱えており、女性のみのパーティ、企業の催物、そして現在急成長中の同性愛結婚披露宴市場などにサービスを提供している。

執事たちの出自は幅広く、俳優、ダンサー、学生、運動インストラクターに催眠術療法士までいる。「必死で新しい人材を探しています。多すぎることはありません」とディドコット氏は言う。

事業をさらに広げる準備はできている。
「私たちにはビジネスモデルがありますので、フランチャイズを展開したいと考えています。大勢の人々がロンドンを訪れて、興味があると言ってきています。まずは北アメリカ、オーストラリア、そして南アフリカを検討中です」

会社設立時のパーティでは自ら半裸の執事を務めたディドコット氏だが、すでに一線を引いているようだ。
「私は37歳で、執事としては盛りを過ぎています。私のお尻は3年前に退職しました」

[PR]
by geishagirl-kyoto | 2006-06-12 15:47 | 新発見! Discovery