古都からあなたへ便りをお送りします。


by geishagirl-kyoto

カテゴリ:万博日記 Aichi EXPO( 7 )

こぼれ話

まず、紹介するのを忘れていたニュージーランド館について。
わたしが行った日はオールブラックス(これはニュージーランドが本拠のラグビーチーム)
で有名なニュージーランドの日だったみたいで、原住民の人?らしい人たちが踊っていました。

パビリオン自体は大きくもなく印象も薄いくらい何があったか忘れちゃいました。
が、羊の数の方が人間の数より多いって言うことだけは知っていますねぇ。(意味なし)

さてさて、こぼれ話。キーワードは「おばちゃんパワー」
今回40人のりのバスで二台連ねていったんですけど、隣と前に座ったおばちゃんたちが
おやつを食べ、お喋りがとまらない!に正直引きました。引きつりもしました(苦笑)

会場内を歩き疲れて、ぐったりして寝ようとしているわたしの横でバリバリとお菓子をあけて喋る、しゃべる、ショベル。(謎)

☆中に入っていないけど、JRが出していたリニアモーターカー。
c0001269_15402668.jpg

それから会場内で乗ったトラム。
それに乗ったとき、前に座ったおばちゃんが踊り子(サーカスみたいな格好をしている集団)をみて冷たく一言。
「なんてだらしない」

わーぉ。
開いた口がふさがらなかったわたしであった。

c0001269_15395367.jpg
実際今回色々な国のパビリオンを回りましたが、
世界中を旅して実際に自分で感じたいと思いました。

お金貯まったら旅行。
これがわたしのモットーなんですよ。(笑

次はイングランドへフランスからユーロスターに乗って行きたいんですけど。

c0001269_15393026.jpg


前のリポート
[PR]
by geishagirl-kyoto | 2005-07-17 15:41 | 万博日記 Aichi EXPO

Asian Pavilions


Official site of EXPO Aichi



アジアのパビリオンの紹介をしましょう。

まず、ヨルダン。この万博に行くとき、絶対ここで死海に入るって言っていた私たち。しかしながら、自分たちがいかに肌が敏感で弱いことを冬の乾燥の様子などを見ていて知っていたため、あえなく断念。受付にいたお兄さまが「かなり肌には自信があったんですけど、かなり痛いです。刺すみたいに」というので・・・・

絶対ヨルダンに自分が行って確かめてやる(爆)

次にカンボジア。

ここはアンコールワットの小さな模型をおいてるという噂でしたが、見るのを忘れて
自分のお土産をゲット。(笑
c0001269_23183475.jpg

そしてシンガポール。
体験することや、好奇心に関しては旺盛な私たち。
ここではスコール体験が出来るというので早速並んで入ってみました。今や100円ショップでも売っている透明なビニール傘を渡され、しばらくするとざーざーと音がして水が降ってきました。

時間としては思ったより短かったですが、楽しかった。
けど、実際小学校5年の時にシンガポールへは行ったことがあって、
あそこの特有の暑さとスコールは体験済みなので、おもしろさは倍増でした。



最後はタイ。
ここは王様万歳!といった右翼的な展示が目だちました。同時に、綺麗な女性たちが立っていました。手を合わせてわたしも一緒に写真を撮りました。


c0001269_23193380.jpg

More English version
[PR]
by geishagirl-kyoto | 2005-07-15 23:09 | 万博日記 Aichi EXPO
「愛知万博グッズ」もいつか価値がでるのか

オークションに出す?



c0001269_21184136.jpg


モンチッチ緑バージョンを思わず買ったけど、何時か価値が出るんでしょうか。(謎)
[PR]
by geishagirl-kyoto | 2005-07-07 09:51 | 万博日記 Aichi EXPO

Europian Pavilions 2

ヨーロッパのパビリオン巡りリポート、第二段。

体験しながら触れあってゆくというのはなかなか宜しい。(笑

そこで友人と行ったのが・・・

1.オーストリア館(ウィーン)

さて、このパビリオンにはいるのに少し待ちました。
それはそりを滑る人が待っていると言うのもあるし、入り口で50人くらい?と人数制限してプロ?の人がオーストリア王国にふさわしいソーシャルダンスの仕方を教えてくれるからです。
え?習うだけでは面白くない?・・・・実はですね、ほんの少しだけですが、
男の人の手を取って踊ってしまいました。何でこうなったか?って?
誰も手を挙げないからです。(苦笑)
でもそのおかげで楽しいひとときでしたけどね、こういうとき日本人の方ってどうして消極的なんでしょう?(謎)

次に、ここではスイスじゃないのにそり体験が出来ちゃうと言うところ。
見てるとそれほどでもないが、実際滑ってみると前のめりになって結構スピードが出る。
心臓がバクバク止まりませんでした。

c0001269_2138953.jpg
その心臓をバクバクさせながら、別の心臓?を動かす相手と写真を撮ったのはちょっと罪かしら?(爆)






2.ブルガリア(ソフィア)
やっぱりイメージ通り、ヨーグルトと言うことで(笑
c0001269_2135040.jpg

ローズ入り、ローズジャム入りのヨーグルトを食べました。美味しいのはもちろんですが、肌に良いって感じ。(笑)


3.ボスニア・ヘルチェゴビナ(サラエボ)
ここでの展示物はあまり記憶にないんですけど、
たしか色々な香りのする香水を売っていた女性がいた気がする。

4.トルコ(イスタンブール)
ここは暗くて何が在るんだろう?と思いつつ神秘な世界の中で
一輪土の中ではなく石(結構大きい)のなかに埋められ、きれいに咲くバラの花が一輪。印象的でした。
子供たちがどうなってるんだ?と興味津々でした。かつて行ったことのある場所ですし、
お土産やさんに並んでいた黒い丸が描かれた青い石(お守りに使うらしい)を見つけたときは懐かしかったなぁ。



5.カタール(ドーハ)

ここが例のサッカー史上語り継がれる?ドーハの悲劇の国なんですね。
でもそのときは知らなかったので、二階に上がって、ヘナという入れ墨のようなものを描いてもらう。痛いのかと思ったら全く痛くない。むしろ冷たくて気持ちがいい。500円。
見にくいですが、これがわたしの腕に描かれたヘナ。
c0001269_2203859.jpg


アフリカだけど、

6.エジプト(カイロ)

ここではさすがにおなかが減って(2時近かった。)カレーライスを注文。1000円。中に豆が入っていた。(驚)名前は確かオールドスタイルカレー。

エジプト館の展示物はさすがに素晴らしい。ツタンカーメンの黄金のマスクも、さらにその近くにミイラとお棺まで。写真を撮っている人が居たが、わたしは怖くて出来なかった。
恨まれそうで。
c0001269_21561259.jpg

(写真は入り口のところにあった柱に描かれた絵。)



前のリポート


次のリポート



緑のモンチッチはいくらになる?(笑
[PR]
by geishagirl-kyoto | 2005-07-06 21:40 | 万博日記 Aichi EXPO

Europian pavilions

ヨーロッパ各国のパビリオンについて 5つ紹介。




まず、ブルースがいるイギリス(ロンドン)。この国のパビリオンが一番今回の万博の意味を理解しているように思える。まず目を引くのがガーデニングの王国らしい作り。小さな森林を過ぎて入っていく。
涼しい訳じゃないけど、涼しさを感じる。

このなかにあったスパイダーマンごとき実はヤモリのゲーム?が面白かった。




そしてアイルランド。(ダブリン)
グリーンディをカナダで過ごしたことを思い出した。
入り口横に大きな十字架が飾られているのですぐ分かる。
宗教色が濃い。そして意外に有名なミュージシャンがいることを展示で知った。


c0001269_21225652.jpg

チェコ。(プラハ)
これはなかなか面白い展示だった。テレビでも出てるかもしれないが、ピアノの音の振動が水に触れたら水輪ができるという仕組み。
子供のように遊べる。

イタリア(ローマ)。
此処では入り口前に立っていた二人のイタリア国家憲兵(カリビエリ)と写真撮影。
c0001269_21234380.jpg


その後目的のサチュロス像を見る。周囲を囲むように歩いてじっくり見ることが出来た。
感動だ。やっぱり写真で見るのと本物は違う。綺麗だった。
キスしたい。(笑
Bacio  (キス!キッス!)


そして今回リポート最後を飾るのはスペイン。(マドリード)
両親が去年の夏に行って、妹も今年の夏に行くスペイン。蜂の巣の中にいるような形のパビリオンでした。
此処ではワインとハムを頂きました。Bono(おいしかった!)
そしてレアル・マドリードの選手全員のサイン入りユニフォーム。
サッカーボール。その他色々世界でアスリートして活躍するスポーツ選手のサインがずらり。
c0001269_212491.jpg

此処でトリビア。さて日本とスペインが共通するあることがあります。
このことは私は今まで知りませんでしたが、たまたまスペイン館に入るために待っている間に垂れ幕を見て知りました。
これはトリビア で紹介しますね。

前のリポートへ

次のリポートへ


緑のモンチッチはいくらになる?(笑

More English version
[PR]
by geishagirl-kyoto | 2005-07-04 23:20 | 万博日記 Aichi EXPO

さあ出発だ!

 前の日からの泊まりがけでの気合いの入れよう。
そして当日5時20分に起床。6時10分に朝ご飯を持って鞄を持って、
友達の車に乗り、最寄りの駅まで5分。6時22分の電車に乗る。

京阪バス
の万博会場行きのバスに乗車したのは朝の7時。
値段は一日4000円(会場と駅往復)。


既に起きて1時間半。朝が早いと一日は長く感じるものだ。
でもまだ始まったばかり。
途中9時に多賀サービスエリア(名神高速)でトイレ休憩後、
再度出発。予定ではそこで朝ご飯と思っていたけれど10分しかないので、
牛乳(105円)を買ってバス内で食事。

その一時間後10時、万博会場に到着。
既に気温は高いって感じ。




気合いを入れて東ゲートに向かう。
どうも団体のバスはこのゲートに到着し、ここが最終的に集合場所となるらしい。

エスカレーターと大きい階段があったが、みんなエスカレーターを使用。


入場券(前売りを既に購入していた。4100円)をもっていたので、
持ち物検査の方へ。
c0001269_228394.jpg
(これがチケット。)
お弁当は持ち込み可なのにペットボトルは不可。
出発前買っていた不運なお茶君は捨てられてしまった・・・・(あーら、もったいない)

納得できないねぇ。何でだ??


入ってしばらくしたらモリゾーとキッコロが!
しかしカメラにメディアを入れてないため、焦って入れて撮ったらこんな感じ。
c0001269_21372341.jpg








前のリポートへ

次のリポートへ

緑のモンチッチはいくらになる?(笑

More English version
[PR]
by geishagirl-kyoto | 2005-07-02 21:35 | 万博日記 Aichi EXPO
7月30日の朝早く行くために 29日前日から友人宅に泊まり万博行きに備えました(笑)
29日の仕事が終わった後、母が迎えに来てもらい、家に着いたとたん
お風呂に入り、ご飯を食べて友人宅へ。


今回は天気が良いと言うことで雨より日焼け対策を重点に置きました。
傘を持ち、帽子に日焼け止めクリーム。

次のリポートへ


Hi, I reported about Aichi Expo 2005....
On June 29th I went to my friend's house to stay with her because I do not want to be late to catch a bus 30th of June.

After I finished my job, my mom picked me up in front of the office where I work by car. As soon as I got home, I took a bath and had a dinner.

I packed all stuffs that I need tomorrow; for example, an umbrella, a hut, a Sunscreen cream and so on. I heard weather report, so I should prepare for my skin.

I have no idea how long should I wait for seeing an Exhibition in a pavilion.



c0001269_14485830.jpg
My expo report is contining, enjoy it! :)

ここもチェックしてね
[PR]
by geishagirl-kyoto | 2005-07-01 14:48 | 万博日記 Aichi EXPO