古都からあなたへ便りをお送りします。


by geishagirl-kyoto

カテゴリ:磐梯山 Fukushima( 6 )

磐梯山で万歳・・・5

東京である。京都に戻る前に首都を訪問されるgeishagirl一家である(笑


13時に上野駅で降り、地下鉄大江戸線に乗り換え、終点の光が丘へ。
14時10分。1時間以上耳が痛くなるようなほどの騒音を出しながら走る(母は最終的に頭痛を訴えるくらいだった)ので、疲れた。

東京にはやっぱり住めないね。


そこから歩いて、おじさんのお見舞い。お土産で買ったプリンをおやつにお喋りが絶えない。

おじさん、膵臓癌(すいぞう)なんだよね。
医者の妹曰く膵臓は音なく、兆候なく進行し易いんだって。
見つかったときは末期だと言うことが多いらしい。

おじさん夏以降体に痛みを訴えながら病院は嫌いだったために行ったことがなかった。
でも父の説得で夏の終わりに病院に行ったら即入院だって言われた。


もう次は逢えないかも知れないって思うと辛いけど、
なんだかおじさんは元気そうな顔を見せてくれた。


3時間ほどじっくり話した後、17時に再度地下鉄の駅に戻り、今度は新幹線に乗るために東京駅へ。

経路は以下の通り(代々木から御茶ノ水、秋葉原・・・東京。)
しかし、この東京行き、意外と時間が掛かり、今までの旅行の疲れがどっとでて
絶対東京なんか住むもんかと思ってしまった。



18時15分くらいにようやく東京へ。

その日はどの新幹線もいっぱいで初めてのぞみのグリーン車に乗ることに。
おしぼり付き、足置き付きで感動(貧乏人だわ)
京都までゆっくりじっくりあっという間の2時間弱。


とにもかくにも旅行するなら新幹線より在来線が良いわ。(笑

旅行気分が味わえないもの。

c0001269_15573574.jpg


磐梯山で万歳・・・4

終わり
[PR]
by geishagirl-kyoto | 2005-11-21 22:40 | 磐梯山 Fukushima

磐梯山で万歳・・・4

時間が空きすぎましたが、11月2日のことを。(笑)

旅行に行くと朝が早くなる。
いつも以上にパワフルに動くので、食べるし寝れるので健康には良いかもね。

6時 起床。
朝食のバイキングの会場であるレストランが開くまでの間にチェックアウト(精算等)を済まし、
初日は3人が一個ずつ持っていたカート付きの鞄をすべて宅急便で自宅へ送る準備。

本日は父の姉の旦那様(東京在住)の所に見舞いに行くため、身軽でいたいという気持ちから。
東京の雑踏のことを随分前から忘れてる私にとって
後からこの荷物を送ったことを胸に当てて嬉しいと思う次第。

c0001269_22442694.jpg

7時 朝食。
8時40分。 磐梯市内を走るバスがホテルの前からでてることを前日に時刻表でチェックしたためそのバスがくるのを待つ。予定は40分だったが、少し遅れて到着。
その後私たちを乗せ、猪苗代駅まで40分弱。9時過ぎに駅に到着。

父の仕事の関係上、「野口英世記念館」まで行くことが決まっていた為、駅からはタクシーで5分。
ご存じ、1000円札に野口英世が描かれることが決まっているので、
昨夜のニュースで福島の空港が通称「野口英世空港」にすると地元の人はキャンペーンを実施してると言っていた。

父曰く、野口さんはそんなに裕福な家の人じゃないし、
彼が亡くなった原因になった「黄熱病」を発見した訳じゃない。
随分借金して人を困らせたらしい。
c0001269_22444929.jpg


☆(場所が全く違う(汗)上高地で買った切手を写真に撮ってみました)

とまぁ、記念館に行ったらそんな部分は消えて素晴らしかったと言う評価だけが残るんだけど。
ちなみに、私の場合、新紙幣になった時はカナダにいたので、浦島花子状態でした。(笑

死後まで悪口言われたくないですよね。ごめんなさい。英世様。

写真について英世様の銅像の前で撮ったものがあったんですが、どうも変な顔を?してるので消してしまい、公開できません(笑)あらかじめご了承下さい。

それはそうと40分ほど記念館を見た後、10時30分頃 記念館の真ん前にあったタクシー乗り場から再度猪苗代駅まで。記念館内の壁に貼られていたJRの時刻表に
ちょうど良い時間の電車があることが分かったため。

奇遇ってあるんですねぇ。(笑

タクシーが一台止まっていたので、父が運転手さんに声をかけると
実は昨日磐梯山まで運転してくれた人と全く同じ人(驚)。
昨日の話をしながら、磐梯山を再度違った方向(猪苗代湖の方向)から見る。



c0001269_2245554.jpg

(これは前日山頂から撮ったもので遠くに猪苗代湖が見える)

ただ、気になったのが白い大きなマンション。
タクシーの運転手の人に寄れば、高級マンションで、猪苗代市役所では許可した覚えがないはずなのに景観を壊す位目だつ白い大きな建物を造って、せっかく美しい自然を・・・と言ってるのに実にもったいない。

そこに住んでる人はどう思ってるんだろうか。

少し悲しい思いを胸に最初たどり着いた駅に再度戻る。

10時40分 JR猪苗代駅から郡山駅行きに乗る。

11時30分発 東北新幹線 東京行きに乗り込む。
郡山駅のお店でお昼用に栗ご飯弁当を購入は既に終わっている。

東京。
実に5年以上ぶりである。
おじさんおばさん、元気かなぁ。
新幹線内で栗ご飯を食べながら旅はまだ続く。

(ただ単に先延ばししてるだけ)そういう噂もあるがそれは無視(笑


磐梯(ばんだい)山で万歳!・・・3

磐梯山で万歳・・・5

野口英世様が載っていたので・・・
日刊ドリンク
[PR]
by geishagirl-kyoto | 2005-11-17 22:23 | 磐梯山 Fukushima
ようやく二日目のリポート(笑


  6:00  起床。

  6:30  朝食。 バイキング形式。地元の牧場のヨーグルトが美味しかった~

  8:00  タクシーでセブンイレブンまでお弁当を買いに行って、また同じルートを戻って、有料道路730円を払い、八方台登山口へ。5000円と少し足が出ました~

  8:15~  登山開始
c0001269_23364516.jpg


色々な山を登ってきたが、磐梯山みたいに登ってる途中も頂上についても風景が見渡せる山はあまりないと思う。
湖や紅葉した落ち葉、そして雄大な山々。登る価値ありますよ。

  11:00  数度の休憩の末、ようやく山頂へ到達。 万歳!

 しばし写真撮影に追われる。水戸から来られていた4人のパーティーのうち1人のおじさまに写真撮影を頼んでしまった。無理なお願いを聞いていただきまして有り難うございました~。
c0001269_23351995.jpg


お昼ご飯をむっしゃむっしゃ。(笑

かつて恋人に作ってもらったおにぎりの味まで思い出してしまう。(感傷的)←秋ですねぇ。

山頂のおにぎりはいつでも美味しいです。


 12:00 下山開始

 14:00過ぎ 下山完了
下山記念に・・・

c0001269_23361833.jpg



ホテルの山案内担当だった金作(かねさく)さん本当にお迎え有り難う。


  15:00 前日入らなかった露天風呂へ
  でも硫黄だったので体がぬめぬめ(苦笑)
  普段から長湯はしないけど、今回も同様、すぐに上がってしまいました(汗)


  16:00 ロビーあたりに飾られた墨版画という
新しい分野で活躍中の地元出身の画家の作品を見る。
ちょうど母が朝見ていて作品を気に入ったということを本人に伝えると嬉しそうだった。

 カレンダーとはがきを購入。


  16:30 いったん部屋に戻った後、父を置いて母と二人で散歩。
近くの磐梯山が正面に見えるホテル(竹中工務店が作ったらしい)のまえにある湖で
記念撮影。

登った山をこうして見ることはなんだか不思議だ。

美しい。

c0001269_23371376.jpg

18:00 晩ご飯 (朝と同様バイキングを選択) おいしさが中途半端だけど
たくさんテーブルに並べて食べた。 やっぱりきちんとしたコースの方が良い。)

コーヒーゼリーとアイスクリームが美味しかった。(デザートだけは逃さない)

20:00から22:00 TV鑑賞

22:00  あまりの眠たさに就寝
Zzzzzzz・・・・

目に今日見た山頂からの風景が目に浮かぶ。

良い夢を見れそうだ。


さて、登山をした日11月1日は山を愛する金作さんもお勧めするくらい最高の天気でした。

雲一つなく、無風で、暑くもなく寒くもなく。


磐梯山で万歳できてよかったね。 お父様!


☆今回の旅の目的は快気祝いの父のために計画されたため。

磐梯山で万歳・・2

磐梯山で万歳・・・4
 
[PR]
by geishagirl-kyoto | 2005-11-12 23:23 | 磐梯山 Fukushima

磐梯山で万歳・・2

まだ一日目でしたよね(笑)

13時15分発の会津若松行き各駅停車。
途中の猪苗代駅に降り立ったのが14時50分。
途中の車窓は紅葉の黄色で綺麗でした。
関西の紅葉とはまた風情が違うんですねぇ。

曇り空だねぇ、明日は本当に晴れるんだろうかね?と言いつつ、此処まで来たらなるようにしかならないでしょ(笑


運良くホテル行きのシャトルバスが駅前に止まっている。
今夜から2泊するホテルの名前は裏磐梯にある「裏磐梯猫魔ホテル」
リゾートホテルとして建って、随分使い古した?と思われるバスに乗車。
15時10分に3組の家族を乗せて出発・・・・

やっぱりこんな平日にこんな若いのは私だけだった(笑

15時45分 ホテル着。

さほど大きくはないし重くもないけど、登山道具一式がはいってるスーツケースは(キャリーと言うべきか)やっぱり移動で疲れた体には応える(苦笑)

16時チェックインをすまして部屋へ。
私の希望通り和室だった。

ベッドより布団ですわ(だって日本人だもん)←普段はセミダブルのベッドに寝てる

とにもかくにも秋が来てることを感じさせる風。
冷たい。
ありったけの服を着て?防寒着を着る。
何故って?日が暮れない内に散歩するため。
c0001269_22255115.jpg

五色沼に一番近い場所だからね。
立派な遊歩道になってるんだけど電灯がないところだから危ないのよ。
c0001269_22252752.jpg

一時間くらい歩いたところでホテルの部屋に戻る。

暖かいお風呂に入って(温泉)ご飯を食べる時間。

今日は予約していた中華。
でも平日で1000人泊まれるホテルの利用者(団体客がほとんど)は
和食やバイキングに流れてるため、2組(私たちともう1夫婦。)のレストラン貸し切り状態でのご飯。

期待していたより量が少なく、父が足らなかったみたい。
後から追加でカニいりチャーハンを注文。

味はまぁまぁ。

中華の最高のコースを食べたのは随分前ですが、
広島駅の近くにある「料理の鉄人」の番組で挑戦者となった人が経営するレストランで食べた餃子(これも特別後から注文したもの)でした~。次広島に行ったらまたあそこには行くぞ。(食い意地だけはある)


ともかくとっぷり夜が更け、お腹も体も温まった私たち。
明日の磐梯山のために寝ることにしたのでした~。
ZZZZzzzzz・・・・
[PR]
by geishagirl-kyoto | 2005-11-09 22:57 | 磐梯山 Fukushima
福島旅行日記登場(笑


3度目の正直と言うことで新幹線で東京経由して福島県にある磐梯山に行って来ました~
仕事を3日も休んでしまいました~(汗)

贅沢な旅ですが、11年間(高校時代以来)ぶりに
夢に見た紅葉シーズンの磐梯山は素晴らしかったです。



10月31日(月)
8時30分 : 自宅から京都駅に乗るためにJRの駅まで近所の人に送ってもらう。
 
9時29分 : 京都駅着

9時46分 : のぞみ4号(新幹線)にのって東京へ。

正午    : 東京着

12時36分 : 東京駅でお弁当を買って東北新幹線やまびこ(2階建ての1階)に乗車。しかし、絶対二階の方が良い。1階はホームの縁石の所の高さと目線が合うため風景が全く見えない(泣)

12時58分 : 郡山駅に到着。 在来線に乗り換え。

13時15分 : 郡山駅発猪苗代駅まで普通会津若松行き。

14時50分 : 猪苗代駅に到着。

猪苗代駅
c0001269_17431416.jpg


桧原湖の水芭蕉

新緑の福島県裏磐梯で遊ぶ

   ↑
この二つのページもお勧め!

この後の旅程を知りたい方はまたの機会に(笑 

磐梯山で万歳・・2
[PR]
by geishagirl-kyoto | 2005-11-03 17:52 | 磐梯山 Fukushima

白虎隊って?

白虎隊記念館というものが会津にはあるらしい。

行く前にちょっと勉強しましょうねぇ(笑)

当初の予定では今週末に行く予定だったのに、天気が悪くなりそうなので
変わるかも(泣
[PR]
by geishagirl-kyoto | 2005-10-13 23:08 | 磐梯山 Fukushima