古都からあなたへ便りをお送りします。


by geishagirl-kyoto

カテゴリ:関西文化の日 CULTURE DAY( 7 )

昭和四十五(一九七〇)年、大阪・千里丘陵で「人類の進歩と調和」をテーマに開かれた大阪万国博覧会。そのシンボル「太陽の塔」の内部を見学するツアーが人気を呼んでいる。現地集合・現地解散、二十分間の見学が基本だが、太陽の塔のパワーと、内部に閉じ込められた空気に触れようと、当時を懐かしむ世代や、まだ生まれてもいなかった若者たちが全国から大勢やってくる。
 太陽の塔は故・岡本太郎氏の代表作で、外観の高さは七十メートル。塔の左右には二十五メートルの「腕」が伸びる。大阪万博には会期中、国内外から約六千四百万人が詰めかけたが、だれもがその存在感に圧倒された。
 塔の内部は高さ五十メートル、「生命の樹」と銘打ち、生命の進化をテーマにしたパビリオン。来場者は四基のエスカレーターで、マンモスや原始人といった展示を見ながら上に昇り、「腕」の部分から塔を囲む大屋根に出ていく構造だった。
 万博閉会後はずっと閉じられていたが、平成十五年十月に万博記念機構が、三十三年ぶりに内部を無料公開。開会の一九七〇年にちなんで千九百七十人を募集したところ、四十倍近くの申し込みがあり、二回公開を追加したほどだった。
 現在、それを引き継いでいるのが、名鉄観光サービス梅田支店(TEL06・6311・2168)の「太陽の塔特別内覧」。今年の愛知万博に関連したイベントとして昨年十一月に四日間の日程で企画。その後、不定期に五回開催し、これまでに計四千人が詰めかける大人気プランとなっている。
 ツアーを企画した橋本優紀さん(26)は「当時を懐かしく思う世代の方が中心になると思っていましたが、意外と三十五歳以下、二十歳代も多いんです」と話している。
 平成15年に公開された「太陽の塔」の内部。現在は照明もつかず、雰囲気がいくぶん違ってみえる
(Yahoo NEWS)


以前このカテゴリで太陽の塔を紹介したので、
ヤフーのニュースでこの記事を見つけた今日、ここに紹介します。
[PR]
by geishagirl-kyoto | 2005-12-19 22:31 | 関西文化の日 CULTURE DAY
私がJRを使い出してしょっちゅう思うことは、事故が多い。遅れが多い。

この日、帰ってくる途中もそうだった。

まったく困ったものだと思う。


安全第一なのは分かるんだけど、
事故が多すぎ。


それはそうと、大阪の話の続き。

前回見せた写真の太陽の塔。
今回初めてなんでそれがそう呼ばれるのか分かった(今頃か??)

あの白い岡本太郎の作ったモニュメントの後ろに青い太陽が描かれている。

へぇ。(今頃気が付くなって)←汗


民族博物館に行くのも初めてだった。立派で驚いた。

実は此処世界中からの研究者が集まる研究棟でもある。
大学院大学と言ったところ。

友達と二人ではしゃぎながら試着して隣のレストランでご飯を食べた後、
大阪の阪急デパートで人混みに混じってイタリア展を楽しんだ。

私と同年代くらいの女性がほとんどだった。
あたりはチョコレート、ケーキ、ワイン、工芸品、靴、ファッション、台所グッズなんかがあちらこちらにあって目が輝いてしまった。

英国のブルース君にもクリスマスカードを購入。

チョコレートをいくつか試食したんだけど、めちゃくちゃ甘くて口がとろけそうだった。

カナダで食べたスーパーが作った色が緑や赤の砂糖のかたまりとしか言えないようなケーキを思い出した。

でもやはり食のイタリア。

甘いだけではなく、デザインもCoolだった。


4時半くらいだったか友人と別れ、大阪駅から自宅までJRに乗ったのは良いけど、
終点の我が家まではなかなか着かない結果に。(悲)

新今宮駅で人身事故があったため、私が乗った電車は何故か
奈良止まりに(苦笑)

結局奈良で15分くらい待たされて待合室(部屋状)がないところで
寒い寒いと思っておりました。

奈良駅の高架工事が既に始まってるんですが、なかなかすぐには
機能しないでしょうね。
[PR]
by geishagirl-kyoto | 2005-12-02 23:04 | 関西文化の日 CULTURE DAY

19日 大阪万博編

万博に来るのは随分前だ。
ガンバの応援に友人5人と観戦したのが4年以上前か・・・?

私がガンバの本拠地に行って以来、ご存じのように連敗し、今や
セレッソが勝ち点では負けてるものの2位まで押し上げている。

やっぱり私が何らかの悪い運を持っていってしまったかしら?(苦笑)

ま、多分関係ないと思いますけどね。(笑


とにもかくにもJR、阪急、大阪モノレールと乗り継ぎ、2時間ちょっと。
太陽の塔、そしてインドサリーの世界堪能しました。

着くやいなや目に入るのは太陽の塔。

c0001269_22193979.jpg


c0001269_22201245.jpg


c0001269_22202811.jpg


c0001269_2225925.jpg


そして警備員さんに怒られちゃったけど、展示室を出てお土産コーナーで売っていた
7350円(税込み)のサリーを試着。

「なますて~」

c0001269_22232112.jpg

[PR]
by geishagirl-kyoto | 2005-11-26 22:13 | 関西文化の日 CULTURE DAY

20日 京都編・・・4

イタリアのアスティの競技は元々お城を守っていた兵士たちが領主の命令により、エンターテイメントとして12世紀から始まったもの。
京都で言えば祇園祭みたいなもので、飢饉や戦争時代を覗けば毎年行われてきたもの。
この祭りの名前「palio」は「勝者の旗」という意味。
c0001269_2261811.jpg


アスティの街ではこの祭りのために一年間何かしらの行事があって一番最高潮に盛り上がるのが9月。
予選を勝ち抜いた9頭の馬に騎手が鞍無しで乗り、アルフィエーリ広場(競技場が1860年以降設置された)でトラックを走るという競技となっています。
ただし、ゴールのテープを切るとき、馬に人が乗っていなくても大丈夫、とにかく一番乗りに旗を取った人が優勝というレースらしい。(←イタリアらしい??)

躍動感たっぷり、彼らが着てるユニフォームの色鮮やかさに私は
その夜寝付くことが出来ませんでした。目にあの色が残っていたため。

c0001269_2232099.jpg


c0001269_2234635.jpg



c0001269_22122180.jpg


観客の中で一番最初に写真を撮ってもらった私。(ハート)


もらったパンフレットにはオフィシャルサイト(ただし伊語)があったので参考していただきたい。
写真はこっちの方が綺麗かも。)
アスティ市観光案内
[PR]
by geishagirl-kyoto | 2005-11-25 21:43 | 関西文化の日 CULTURE DAY

20日 京都編・・・3

京都は気ままに歩くことが出来る街だと思う。
ふと気が付いたらちょっと出てくるわって行って
いろんな小さなところで発見が出来る街だと思う。

全く予定も行き先も決めずにただ人混みを避け、
京の街を歩いて・・・
最後、地下鉄を降りてポルタ内で、偶然見たのはイタリアの美男子たち(笑

え?何ってったって、私はイタリアに惚れた女。(謎)
大金をはたいてヒデ様を見に行ったり、1ヶ月ほど放浪してナポリで恐ろしい?目に遭いそうになったり・・・・イタリアと言えばすべては私のものと言わんばかりの勢いで空港に着いた時から興奮する・・・・(爆)

ともかく偶然見たのはアスティ(Asti)というトリノオリンピックが行われることで有名になったピエモンテ州の中にある小さな街のパリオ(Palio)という旗を使った競技を見ました。

一挙に公開しちゃいます。


c0001269_21321632.jpg


c0001269_21323178.jpg


c0001269_21252189.jpg


(一番下の写真でオレンジの服を着てる子が私の一番好み(ハート))
[PR]
by geishagirl-kyoto | 2005-11-24 21:33 | 関西文化の日 CULTURE DAY

20日 京都の一日

母と京へ。
10時6分発、JRに乗る。
10時30分過ぎ、六地蔵駅で降り、地下鉄東西線に乗り換え。

その後蹴上(けあげ)駅で下車。

南禅寺、高台寺、白河荘と人が多いと思いつつ、奥には入らず、前を素通り。
c0001269_21383445.jpg

随分前、このあたりを歩いたときはほとんど人が見られなかったのに、この日
南禅寺前の湯豆腐やさんの前にはガイドブックで見て並んででも食べようとするお客さんが50人以上の列をなしておりました。

四条の某カフェテリアの前に並ぶのと同じ。(苦笑)


味は美味しいんでしょうかね。(謎)


白川山荘の写真をどうぞ。

c0001269_22223274.jpg




人混みを避け、岡崎道を通ると脇の小道に我が道を行くにゃーと言わんばかりの可愛い猫。

c0001269_22282954.jpg

[PR]
by geishagirl-kyoto | 2005-11-22 22:04 | 関西文化の日 CULTURE DAY

19日・20日


11月3日は国民の休日文化の日ですが、「関西(地区)文化の日」って知っていました?何時からこんなのがあったのか知りませんが、
関西地方で11月19日、20日は博物館や美術館等が無料に見れる日となっております。

それで初めてこの特典を頼りに19日に大阪の万博記念公園、そして20日に京都市内に参りました。

19日は友人と 万博記念公園でインドのサリー展を見ました。
出口近くで売っていたサリーを二人で試着。(笑

しばらくして、警備員さんに「ここでは写真は駄目だよ」と言われたが、
写真撮っちゃった。(笑
(☆後日公開予定)
その後は梅田に戻り阪急デパートでイタリア展に行きました。
クリスマスカードを買い、帰途へ。

20日は母と京都へ。
島津製作所の記念館でこの特典を使いました。
ちなみにこの日は歩きましたよ。
六地蔵でJRを降り、地下鉄東西線に乗り換え、「蹴上」まで。
その後南禅寺、高台寺の前を通り過ぎ、(中には入らず)
白川山荘、吉田神社、京都大学、このあたりで昼ご飯、京都大学病院・・・駸々堂のパン屋さんでお茶をした後、京都市役所、島津製作所記念館。地下鉄で京都駅まで戻り、
PORTAでイタリア人の美男子に囲まれ、(写真は後日)ウハウハな?気持ちのまま、
帰途へ。(笑
[PR]
by geishagirl-kyoto | 2005-11-21 11:01 | 関西文化の日 CULTURE DAY